私の日々感じたことを書いていきたい・・・

フリーエリア 

若かりしころのきよちゃん今は髪が・・・ 

きよちゃん

Author:きよちゃん

Sky Clock 

気になる通貨の値段は 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ポチポチと連打で指の運動でもして下さい 

にほんブログ村 為替ブログへ Pop*Log人気fxブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

何でも話してください 

名前:
メール:
件名:
本文:

DMM 

楽しめるのはDMM

FC2カウンター 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

2009年8月12日、中国青年報の電子版「中青在線」に、中国人の夫を持つ米国人妻が書いた記事が掲載された。「中国人は『ごめんなさい』を言わない」というタイトルの記事は、米国人には理解し難い中国人の考え方を紹介している。

中国人の夫とはこれまでに何度もケンカをしたが、彼が「ごめんなさい」と言ったことは一度もない。ケンカの後に私と顔を合わせても、彼はただ何事もなかったかのようにふるまう。それがまた頭にくるのだ。彼がただ一言「さっきはごめんね」と言ってくれれば、それですむのに。

そこで彼に聞いてみた。「なぜ謝らないの?」と。すると彼は「なぜ謝らなければならないの?中国ではケンカをしたらその場から離れることが一番の解決方法。話せば話すほど相手を刺激するしね」と反論。「それじゃ根本的な解決にならないじゃない?米国では話の途中で逃げるなんてありえないわ!」「ここは米国じゃない、中国だ!」「でも私は米国人よ!」とまたケンカに。

米国人なら自分の過ちに気づいたら「ごめんなさい」と言葉にしていうのは当然のこと。でも中国人は何事もなかったことにする。そのうちに不愉快な出来事はもう過去の話になり、誰も「ごめんなさい」を言わなくてすむ状況になるのだ。どうやら中国人にとって「ごめんなさい」と言うことはとても恥ずかしいことのようだ。それに「ごめんなさい」は「すべての責任は自分にある」と同じ意味を持つ言葉だと考えているらしい。夫はいまだに私の主張が理解できないでいる。
スポンサーサイト
2009/08/17 06:12|未分類TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kiyojii777.blog78.fc2.com/tb.php/67-23b2fd9f

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

企業家の味方 

SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート 情報商材レビュー評価サイト、インフォギャップ

取引会社 

外国為替証拠金取引の外為オンライン

 

サイバーエージェントFXの外国為替証拠金取引【外貨ex】 豊証券の外国為替証拠金取引「ゆたかFX」は手数料0円!取り扱いペアも30種類

外為取引会社の資料請求は 

FX会社60社の比較・資料請求サイト

情報広告 

target="_blank">

リンク 

このブログをリンクに追加する

RSSフィード 

ブログ内検索 

Copyright(C) 2006 時空のままに All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。